Python

Python -基礎- if文を使って処理を条件別に分ける

投稿日:

入力された数値や文字列によって処理を分けたいときにはif文を使います。

【構文】

if <条件1> :

    処理1

elif <条件2>:

    処理2

else:

    処理3

 

書き出しは if として<条件1>に判別パターンを1つ入れてやります。

インデント(字下げ)をして、条件1の場合に行う処理を書きます。

処理を複数させたい場合はインデントさせ続ければよいです。

 

次にelifとして<条件2>に判別パターンを1つ入れてやります。

インデント(字下げ)をして、条件2の場合に行う処理を書きます。

elif とはelse if(条件1以外でさらにこの条件だったら)を意味し、何個でも追加してOKです。

 

最後にelseで締めくくります。

elseでは既出条件(if・elifで挙げた条件)に該当しないものに全てを対象にします。

 

 

条件文を作るときには等号・不等号を使うことが多いです。

代表的なのは

 同じをあらわすのはイコールを2つ → ==

 異なるをあらわすのはビックリマークとイコール → !=

 左のほうが小さいならば小なり記号 → <

 左のほうが小さい、または同じならば小なり記号とイコール → <=

 

場合分けをするとき、特殊条件や細かな条件をしっかり出すことが良いです。

それ以外はelseで網羅できるため、ヌケモレが起きない条件を考えることが大切です。

おすすめ記事

1

海外では普段お目にかかることが少ない食材に出会います。 楽しみ反面、心配なことのひとつです。   食事だけは毎日摂らないと元気も出ませんし、病気にもかかりやすくなるので重要なことです。 日本 ...

-Python

Copyright© パターンライフ , 2019 All Rights Reserved.