Python

Python -基礎- forを使って繰り返し処理

投稿日:

何回同じ作業をさせたいかを決めたら、for文の出番。

【構文】
for <変数> in range(回数):
  ~処理~

 

<変数>は分かりやすい名前をつけると使いやすい。

回数は0からカウントされることを覚えておく。
例えば4を入れたときは 0,1,2,3 となる(0スタートに馴染みがないと困惑する)

~処理~の内容はTabキーを使ってインデントしてから書く。
字下げされている処理内容がループの対象にされる。

 

途中でループから出たいときはbreakを使う。

例としてiが2になったら中断する。

 

最後まで繰り返さず、途中でループから出るタイミングを作るのは大切なポイントです。

おすすめ記事

1

海外では普段お目にかかることが少ない食材に出会います。 楽しみ反面、心配なことのひとつです。   食事だけは毎日摂らないと元気も出ませんし、病気にもかかりやすくなるので重要なことです。 日本 ...

-Python

Copyright© パターンライフ , 2019 All Rights Reserved.